あしたば整骨院/姿勢整体で頭痛改善/千葉16年の実績

筋肉は決して無駄に緊張をしない

筋肉が緊張する。首コリや肩こりは一般的に筋肉の疲労だと考えられています。

 

しかし整体やカイロプラクティックに造詣の深い治療家などは少々異なる考え方を持っています。

 

筋肉が緊張するには必ず理由が必要であり、理由のない緊張は起こらないという考え方です。

 

筋肉が疲労した。という理由があるんだから緊張するでしょう。という意見もあるかと思われますが

 

筋肉の疲労では説明ができない事象が人間の体では頻繁に起こります。

 

 

寝ているのに緊張?

筋肉の疲労による説明が一番苦しいのは【起床時にすでに緊張している】ときです。

 

起床した瞬間に筋肉の疲労があるというのは説明としてはかなり無理があります。

 

しかし身体の不調を訴える人の中では、起床時にすでに緊張しているということが多いようです。

 

重力がかかりにくい寝ている間という姿勢で、体が緊張しているという現象が起こるのです。

歯科の世界でも

歯科の世界でも最近は就寝時の筋緊張を説明されています。

 

就寝時の奥歯の噛みこみという現象をマウスピースで軽減する処方がとられているようです。

 

これは就寝時の奥歯の噛みこみによる歯槽骨の摩耗を説明する根拠となっているようです。

 

しかし噛みこむ説明はなされていないようです。