あしたば整骨院 〜揺らすだけの不思議な整体〜 千葉から電車で7分

交通事故の対応 千葉で整体 あしたば整骨院

ボディメンテナンスのあしたば整体

 

交通事故に遭った場合に必ず連絡するべきなのは

 

・警察
→当事者のみで示談交渉などを行うと、後々トラブルの元となります。

 

・ご自身の加入している損害保険の代理店
→保険に入るときや更新のときに対面する営業の方へ連絡するのが一番良いです。
保険会社そのものにかけるよりも、日頃からお付き合いのある代理店さんの方が親身になって相談に乗ってくれます。
加入者さんが有利になるよう手を尽くしてくれるのも代理店さんです。

 

・医療機関
→必ずどこかの医療機関は受診しましょう。何ともないように見えても体は必ず衝撃に見合ったダメージを受けています。
特に不意を突かれた追突事故の場合、衝撃は少なくても症状が重くなる傾向があります。

あしたば整骨院へ来るのはいつ?

あしたば整骨院では交通事故の施術を受け付けております。

 

お越し頂くタイミングとしては、事故処理が終わって医療機関で一回目の診察が終わった後(診断書発行後)となります。

 

 

医療機関では、医師が症状を診て【診断】を下します。

 

その診断が基準となって診断書が発行されます。

 

整形外科のリハビリや整骨院での後療法は、医師の診断書に基づいた『交通事故施術』が行われます。

 

診断がないと後々、医療費が支払われない等のトラブルにつながる場合がございます。

診断のときは痛みのある場所をすべて伝えよう!

診断のときは痛みのある場所をすべて伝えよう!!

 

これは覚えておいて欲しいことですが、医療機関で医師に診断を受けるときは、遠慮なく痛みのある場所をすべて伝えてください。

 

後々のトラブルとなる可能性があるのは「実は痛かったんだけど何となく気が引けて…」と痛い場所を伝えなかった時です。

 

整骨院で交通事故治療を受けるときには、診断書に書かれている部位が治療対象となります。

 

つまり、診断書に書かれていない部位は対象外となってしまうのです。

 

本当に痛かったとしても、診断書に書かれていない場合は、治療ができない。もしくは別途、実費で施術をすることになります。

 

そうならないためにも、痛いところはすべて、遠慮なく医師に伝えてください。

後から痛くなった場合は?

こういうケースもあります。

 

最初の診断を受けたときは、首だけが痛かったけど、何日か経ったら腰も痛くなってきた。

 

この場合、当然、最初の診断書は「頚部捻挫」となっているはずです。

 

 

前述の説明では、腰の治療は受けられないという事になります。

 

しかし、ご安心ください。

 

後から症状が出ることは、医師も承知の上です。

 

後日、症状が出た旨を医師に伝えて、診断書を改めて作成して頂くことで問題なく治療を受けられるようになります。

 

このひと手間をきちんとしないで、治療を受けようとすると保険会社での支払いトラブルになりますのでご注意ください。

後日でも追加で、医師に診断書を書いてもらえる理由

人間の体は、強い衝撃を受けると筋肉を緊張させて骨格をガードするように働きます。

 

これは交感神経の働きによるもので、ほぼ自動的に起こります。

 

数日たつと、この緊張状態が解除されてくるのですが、そのときに痛みなどの症状が出てくる場合があります。

 

痛めていたけど、筋肉の緊張のせいで気づけなかった。といったところです。

 

page top