あしたば整骨院 〜揺らすだけの不思議な整体〜 千葉から電車で7分

ばね指とは? 千葉で整体 あしたば整骨院

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。

 

手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にありその力を腱が伝えます。

 

その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。

 

丁度、その構造はベルトとベルト通しの関係に似ています。

 

この靱帯性腱鞘は指に部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。

 

その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。

 

これを“ばね指”と呼んでいます。

 

日本整形外科学会のホームページより引用

ばね指の一般的な治療法 千葉で整体 あしたば整骨院

医療機関での治療では

 

テーピング等で固定する保存療法と腱鞘を切る観血療法(手術)があります。

 

どちらも対症療法で起こった現象をどうやって抑えるかを考えた方法となります。

 

あしたば整骨院では腱鞘に圧がかかってしまう原因の方に着目します。

 

腱鞘炎の場合、よく【使い過ぎ】が指摘されますが、使い過ぎよりも使い方の方が問題で、更にはどういう形のものを使っているかが最も重要となります。

 

ばね指を起こしている指をよく観察すると、大抵は他の指にくらべて捻りがかかっているように見えます。

 

よくわからない場合は爪の位置関係を確認すると認識しやすいです。

 

ばね指が起きている爪は回転がかかってみえます。

 

 

もし指の形が捻りがかかった状態にあると、固定をして痛みを防いだとしても、固定を外せばまた負担がかかって痛みだします。

 

腱鞘の引っかかりも炎症が静まっている時だけは楽ですが、しばらく経てばまた引っかかり始めます。

ばね指を予防する整体 千葉で整体 あしたば整骨院

あしたば整骨院では、ばね指になった状態を直接動かして治すというよりも、骨格のバランスを整え、そもそもばね指が起こらないような身体にしていきます。

 

また、仮にばね指が起こっていても、徐々に腱鞘の引っ掛かりが解消されていくよう、関連のある他の関節を中心に操作をします。

 

痛みのある関節や場所に共通する事ですが、痛みを出している部位を勢いよく操作すると、逆に動きが悪くなったり、痛みが増したりします。

 

これは身体を守ろうとする脳の防衛反応がでてくるためです。

 

また、骨格全体のバランスが崩れたために、指に症状が出ているという視点で考えると、

 

特定のパーツ(ここでは、ばね指になっている関節部分)に負担がかかって痛みが出て
いるところを、更にいじるのは身体にとっては拷問に近い行為となります。

 

それをするなら、まだ固定をして安静のほうがマシだったりします。

 

 

 

では、どうするのか?

指先をおさえて、少し捻りを加えます(関節の遊びをとる程度)。

 

そのまま保持して、肘を同じ方向に回転させるように動かします。

 

その位置でセットした状態でクライアント様ににぎにぎと軽く動かしてもらいます。

 

そうすると関節のねじれ位置が解消され、ばねになっていた部分の負担が軽減します。

 

MP関節(指の付け根)が柔らかく動くようになるので、そちらで確認することができます。

 

ここで大切なのは動かす方向と力加減となります。

page top